スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
価値観と判断基準
私の姉の高校時代の恋人(Tさん)のお母様が蜘蛛膜下出血で意識不明になってしまい助かる見込みが無いと言われた。 姉は そのお母様に本当に気に入っていただいていた。Tさんは3人兄弟で、しかも下の子(女の子)はまだ小学生だそうだ。


姉はTさんから最後に来てほしいとには言われて、迷っていた。
初めは 姉も 私も(私は行かないが)、行くのは当然かな、と慈善的に思っていた。
が、その話を聞いたうちの両親に大反対され、よくよく考えてみると
お母様が危篤状態にあり、意識がない今、「見舞いに行く」という事は
彼女に対する慈悲などでなく、残された家族に対するアピールになって
しまうという事に気付く。何をしに行くのか。何のために行くのか。
行くべきなのか。行かないべきなのか。姉と二人で色々と話していた。


自分がそのお母様の立場だとしたら、意識不明になった姿を見られたくない。
お見舞いに来て欲しい、というのはお母様本人の意思ではないのだ。
お葬式ではないから、行かないと失礼、というような式は成り立たないように思う。
意識がある状態ならともかくとして意識がない。何をしてあげられるでもない。
本当にただ「みにいく」ことしかできない。
逆に相手としては「みられる」ことしかできない。
そういう微妙な状況のなかで会いにいくことだけが正しいのだろうか、ということ。
そして、もし自分の母親が危篤状態になったとして、まず私達なら身内以外の人を
呼ぼうとは絶対に考えないだろう、という事。姉は、彼女の身内ではないのだ。
かといって、この先Tさんと結婚することもできない、婚約者でもない。
どういう立場として行ったらいいのだろうか。何のために行くのだろうか。
Tさんは「面識があるのだから死に際に会わせてあげたい」と思っていて、
今は感情的に昂ぶっているため、理屈は通用せず気分を害してしまっている。
あとは姉の選択次第。(本当は向こうのお父様の意向が知りたかったのだが)


いろいろ考えた結果、姉は結局行くつもりだが複雑な気持ちらしい。
高校時代の友人に相談したところ「下の子が後でお母さんがなくなった時の事を
後で思い出した時、『沢山の人が来てくれた』という記憶が残るんじゃないかな」
と言われた事で、行くことにしたようだ。その友人も、行かれたら行くそうだ。(別々に)


私はなんとも言える立場でもないが、色々と考えさせられた。
「見舞いに行く」ということの意味。残された人の気持ち。周りの行動。
正しいことなんてないけれど、その中で、自分の価値観を信じて行動する。
生きていくために必要な力って、こういうところから生まれてくるのかな。
自分、として、自分の考えを持って、行動するということ。基盤を、しっかりと作ること。


==========================================


    片付いた部屋が 私を一人にさせる
    そして震えてるの 自分など要らなくなると
    貴方なら何て言って抱いてくれる?


    心を殴り倒して 何が分かると言うの?
    どうやって楽になればいい?


    行かないで この想いが痛むのは
    私がまだ崩れ落ちずにここに生きてるから
    消えないで こんなに胸を荒らして
    貴方なしじゃ 全て終れば いいのに


       edge / 鬼束ちひろ より


==========================================
スポンサーサイト
【2006/03/30 00:39】 | Comments(0) | Trackback(0) |
<<がびーんw(゜O゜)w | ホーム | 懺悔>>
コメント
コメントの投稿











トラックバック
トラックバックURL
http://messyaiko.blog22.fc2.com/tb.php/56-fe1e8502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MessyRoom


別名愛子のMK5(byエス)一直線。

プロフィール

messyaiko

Author:messyaiko





* 愛子 (本名とは懸け離れてる)
* 1988年12月26日生まれの18歳
* 横浜大好きハマッ子
* 旧ブログはこっちです


---------- 本業 -----------
  

--------------------------

ブログ検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。