スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
書き溜め*①号
更新遅れてすみません。小さく色々な事がありました。
書き溜めてたものをまとめて出します。


10日(金)
夜中、Sのと電話でぶっ壊れた。
我ながらよくもまあ私が人に対してあそこまで泣けたもんだ。けどお互いたくさんぶつけ合って、あの子と離れてから忘れかけてた事を随分と思い出した。
離れてから私がずっとずっと不安だったこと・・・Sにとって私が必要じゃなくなること、私にとってSが必要じゃなくなること。忘れられること、忘れること。信頼が薄れてしまうこと、愛が消えてしまうこと。凄く怖かった。あれだけ信じてたあの子の言葉すら気休めに思えてしまって、だから私は、もう誰かに心を開くなんて 開かせるなんて そんな怖い事したくないって思うようになった。その結果が今の学校での私そのもの。笑いもしない 怒りもしない。誰も味方はいらない 誰が敵になっても構わない。動く気も動かす気もない。全てに対して投げやりな態度。人に優しいと言われたくなかった。頑張ってるねって言われたくなかった。そんなもの、昔の半分の欠片もなくなってたから。昔の自分を傷付けてしまう気がしたから。いつの間にか覚えていた常に人に距離を保つ生き方・・・Sや前の学校の友達に、そんなのは愛子じゃない、別人みたいだって何度も言われて、だけどその時にはもう既にそれすらどうでも良く感じるようになってた。
だけど本当はどこかいつも焦ってて、「こんな風に自分が変わってしまったらきっと昔の自分を好きになってくれた人達は冷めてしまうに違いない」・・・そうやって自分をどんどん周りから引き剥がして考えた。でも、そんな風に膨張してっちゃったから気付けなくなってたけど、全ての根底にあるものは、ごく単純で簡潔なものだった。「寂しい」「会いたい」「離れてる不安」・・・。どうして私はストレートにそう出さなかったんだろう。捩じ曲げて伝えたりしたんだろう。そうやって随分とあの子を傷付けてしまった。
私がSに言ってきた言葉を、その電話でSはそのまま私に返してきた。情けなくも、Sの痛みがやっと分かった。そして私は漸く目が覚めて、あの7月からずっと落とし続けてきたものが何か、少し見えるようになった。「信じる」こと。あの時みたいに・・・今ならできる。今度こそ本当に本当。あの子のことを信じる。私が愛した人だもん。私のこと愛してくれた人だもん。そう思ったら、凄く幸せだ!!って思えて・・・Sに伝えた。
「本当に本当に本当に大好きだよ。Sも、できるなら私の今のこの気持ち、信じて欲しい。今ね、すごく優しい気持ちなの。周りがどうでもいいとか思ってたのって、私が変わったんじゃなかくて自分に余裕がなかったからなのかも知れない。・・・」と。
最近凄く放ったらかしにしちゃってた友達(私に懐いてくれてる子がいるのですが)にも、その分いっぱい愛注いであげよう、とか思って実行してみたりして、そうしたらすごく嬉しがってくれて・・・私、昔の自分を思い出せた。いつも笑ってられる自分、自分より周りを優先しようと思ってた自分、・・・それから、Sの愛し方も。思い出した。あの子のお陰。やっぱり、やっぱりSは私に必要で、私を一瞬で壊すのも一瞬で幸せにさせるのもSなんだ、って。心からそう感じられた事で、今までの下らない不安が全部吹っ飛んだような気がして。嬉しかった。凄く嬉しかった。もう怖くない。「永遠」も(厄介な言葉だけど笑)もう一度信じたい。今、強くそう思う。
スポンサーサイト
【2006/03/14 00:15】 | Comments(0) | Trackback(0) |
<<書き溜め*②号 | ホーム | 舞台>>
コメント
コメントの投稿











トラックバック
トラックバックURL
http://messyaiko.blog22.fc2.com/tb.php/38-38e8c9ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MessyRoom


別名愛子のMK5(byエス)一直線。

プロフィール

messyaiko

Author:messyaiko





* 愛子 (本名とは懸け離れてる)
* 1988年12月26日生まれの18歳
* 横浜大好きハマッ子
* 旧ブログはこっちです


---------- 本業 -----------
  

--------------------------

ブログ検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。