スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
ぱぱまま
あたしの人生は心配するけど
一時の瞬間は心配してくれないんだね


あたしの将来しか見てないんだね
あたしの現在は 見てくれないんだね


否定じゃなくて
肯定がほしい
ただそれだけなのに
スポンサーサイト
【2007/07/26 22:35】 | Comments(0) | Trackback(0) |
電車
この時間の この電車に
これだけの人が乗っていて
みんなどんな気持ちでいるんだろう
何を考えながら乗ってるんだろう
【2007/07/22 00:20】 | Comments(0) | Trackback(0) |
(PД`q。)
黒の鞄


昔の携帯


SDカード


本棚の本


CDの袋


壊れちゃったけど気に入ってた指輪


大事にしてた紙袋


親が嫌いな化粧品


あのこにもらった思い出の品


全部


なくなってる


全部


捨てられた


ほかに何がなくなってるのかな


知りたくない 気付きたくない


もう嫌だ


何も見たくないよ


この部屋に 居たくない


不安定でごめんなさい


弱くて ごめんなさい
【2007/07/11 20:30】 | Comments(0) | Trackback(0) |
星火燎原
ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい
【2007/07/08 22:46】 | Comments(0) | Trackback(0) |
7月
2005年6月


あたしは日記に書いた
「この傷のない腕はあたしの誇りだ」と


あんたが切って
あの子も切って
だけど
だから
あたしは 切らないと誓った
だけど 目に見えない辛さは
分かってもらえないと嘆いた
伝えなければ 伝わらないと知った
切れば 言葉無しにも気付いてもらえるのかと羨んだ
切ってる人ばかりが辛い訳じゃないのだと泣いた
それでも 我慢の証だと 傷のない腕を誇った


あたしは笑った
家で泣いた数だけ
二人の前で笑った
笑顔は武器だと言って聞かせた
笑顔は最高の仮面であると信じた
全て隠せると 胸を張った


それからすぐ 1ヶ月間の嵐で
自分の恐ろしさを見た
時間の虚しさを知った
人の感情の脆さを見た
絶望を招く風を知った


2006年6月
「幸せはいつも 一瞬にして闇に溶ける」と書いた
幸せは束の間であると 時の流れを恐れた


2007年6月
自分を死に損ないだと書いた
幾度となく「消えたい」と呟いた
死んでもいいかと誰にともなく尋ねた
世界にはなにもないと諦めた
ここから逃がしてくれと祈った
終わりが見たいと願っては泣いた


私は 愚かで
進めなくなると
失った過去に縋る


私は変わった


彼女の自傷を止めた手で
自分の腕を切った
彼女に生きる意味を語った口で
生への疑問を煽った


誇りだった笑顔という武器を捨てた
代わりに化粧という仮面を作った
他人の傷を舐めることを忘れた
人を愛することを恐れて殻を閉じた
純粋という美しさを手放した


それでも そんな自分の醜さを許した
こんな自分を抱き締めてくれる王子の腕に甘えた


また 7月が来る
静かで 滑らかな
2度目の夏


ねぇ


本当は
ただ


認めて欲しい


零れる涙に気付いて
撫でてくれる手が欲しいだけ


溢れる言葉を受け止めて
その言葉で答えて欲しいだけ


ここに居てくれと
死ぬ気で引き止める腕が欲しいだけ


私だけの笑顔が欲しい
私だけの涙が欲しい。
そしたら私もあげる、全ての感情を。
【2007/07/07 01:17】 | Comments(0) | Trackback(0) |
最終章
不死鳥に侵された蛙は
井の中で這い蹲い
宙へと欲を放っては消した


檻に囲まれた闇
響き渡る不協和音
殺された皮


拙い唇で愛を乞う
その舌に戒めの画鋲を


痩せた喉で愛を嘲る
その首に偽りの刃を


媚びた腰で愛に肖る
その脚に永遠の枷を


吐き捨てた泥
打ち砕いた星
切り裂いた明日


待ち望む闇に歪んだ腕を伸ばし
静寂の彼方に鳴く面影を追う
沈む世界 立ち込める煙
望むは 終末の夜


「終わりが見たい」


「終わりが見たい」


― 終わりが、見たい。
【2007/07/05 22:44】 | Comments(0) | Trackback(0) |
違う
全部 違う
【2007/07/05 04:02】 | Comments(0) | Trackback(0) |
+++
崩れてく
崩れてく
白群の涙で捨てる歌


染まってく
染まってく
深緋に濡れる明日の空


壊れてく
壊れてく
花浅葱の天使は夜に頷く


消えてゆく
消えてゆく
迫り来る 黒紫の宴


見えない
見えない
終焉の海は まだ見えない
【2007/07/03 17:25】 | Comments(0) | Trackback(0) |
譬え生き延びても
泡沫の世界


小さな光は
闇に吸い込まれて
消えゆく


それは
記憶からの抹消
【2007/07/01 03:48】 | Comments(0) | Trackback(0) |
| ホーム |
MessyRoom


別名愛子のMK5(byエス)一直線。

プロフィール

messyaiko

Author:messyaiko





* 愛子 (本名とは懸け離れてる)
* 1988年12月26日生まれの18歳
* 横浜大好きハマッ子
* 旧ブログはこっちです


---------- 本業 -----------
  

--------------------------

ブログ検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。